スポーツジムで筋トレ

効果的な筋トレは独学では難しいと感じてスポーツジムへ通う人もいるでしょう。筋トレに特化したさまざまな器具が室内に置いてあるスポーツジムは、筋トレに最適な環境です。スポーツジムで筋トレを行うときにはどのようなポイントがあるのでしょう。

月で器具やマシンに慣れて、正しいフォームを身につけましょう。使い方はトレーナーが説明してくれますが、慣れるには実際に何度も使う必要があります。器具を使いながら自分に最適なウェイトの重さも見極めましょう。正しいフォームもトレーナーに確認しながら身につけましょう

トレーニングメニューを決めてから行いましょう。事前に鍛えたい部位やセット数を決めておくと、限られた時間でスポーツジムを有効活用できます。多くのスポーツジムでは、効率よくトレーニングが行えるようにマシンが配置されているので参考にしましょう。トレーナーがメニューを組んでくれるのであれば相談します。

筋トレをする前には怪我予防のために軽いウォームアップが必要です。ただし、ランニングマシンやプールで有酸素運動を行う場合は、アップで行うなら5分程度に留めるか、筋トレのあとや別の日に行うようにしましょう。

筋トレは負荷を与えながら続けることが重要です。多種多様なマシンを使って筋トレのマンネリ化を防ぐなど、スポーツジムの魅力を最大限利用しましょう。

Pocket

筋トレの行い方

筋トレ筋トレには見た目の筋肉を大きくする以外に基礎代謝の向上や血流改善など、多くのメリットがあります。筋トレの目的は人それぞれですが、いざ始めようと思っても知識がなくて困る人もいるでしょう。効果的な筋トレはどのように行えばいいのでしょう。

筋トレは胸、背中、肩、脚の大きい筋肉を先に鍛えてから、最後に腕と腹筋を鍛えます。メニューを組む時はバランスよく組み合わせましょう。重要なポイントは鍛えたい部位に合った器具を正しく使うことと、正しく筋肉を動かすことです。筋トレは手の位置やスピード少しが違うだけで効果に差が出てしまうので注意しましょう。

ダンベル筋トレにはダンベルやレッグプレスなど筋トレに特化した器具が必要です。鍛える部位によっては自宅用の器具もありますが、大きく重い物が多いので揃えるには広くて頑丈なスペースが必要です。

効果的な筋トレとは、かけられた負担に悲鳴を上げた筋肉が、その負担に耐えられる様に筋肉を増やしていくしくみです。たくさんの負担をかければ良いと言う訳ではありません。無理をし過ぎると筋肉を傷つけることもあります。トレーニングし過ぎても休みすぎても全く効果が出ない場合もあるので、素人には見極めが非常に困難です

このように効果的な筋トレには正確な知識や器具が必要です。独学が難しいと判断したら、スポーツジムなどで専用のマシンやトレーナーのサポートを上手に利用しましょう。

Pocket

筋トレをしよう

筋トレの効果は多岐にわたります。筋肉がつくことで基礎代謝が向上して太りにくく痩せやすい体質になり、血流が良くなって肩こりや冷え性が改善します。ホルモンの分泌によって病気への抵抗力やストレス耐性も上がります。多くのメリットがある筋トレですが、独学で続けるのは効果が出ないこともあり難しいです。効果的に筋トレを続けるには筋トレのポイントを知ることも大切です。

鍛える筋トレは胸、背中、肩、脚の筋肉を先に鍛えて最後に腕と腹筋を鍛えるように、バランスよくメニューを組みます。それぞれの部位に応じた器具を正しく使いながら、動かすべき筋肉を正確に動かすことが大切です。筋トレはやり過ぎも休み過ぎも効果がなく、その見極めは素人には難しいでしょう。筋トレで効果をだすには、専門的な知識と器具が必要です。

ジムとは英語でトレーニングや体育館を意味していて、スポーツジムは筋トレなどのトレーニングに重点をおいた施設です。チェストプレスやラットプルダウン、レッグプレスなど多種多様な筋トレ用の器具があります。最初にトレーナーにしっかり使い方を教わり、トレーナーの指導を受けながら正しい動きを身につけましょう。事前にトレーニングメニューを決めて行くと効率的に動けます。ジムにはランニングマシンなどもありますが、有酸素運動は、筋トレ後か別の日、又は5分程度のアップとして行いましょう。

スポーツジムはさまざまなマシンや器具が使えて、専門のトレーナーがいるというメリットがあります。このサイトでは筋トレの行い方と、スポーツジムで筋トレを行う場合のポイントについて説明します。

Pocket